お疲れ様

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://otaru.areablog.jp/otukare

救急車がきても心肺蘇生をしない人が増えているらしい

救急現場では最近、蘇生を拒む声が後を絶たないようです。



蘇生とは救急隊員が心肺停止した人に救命措置をすることです。



しかし、最近は高齢化の問題もあって、蘇生を拒否する人が増えているみたいです。



心肺蘇生を拒否する人とは、本人が拒否した人がほとんどとなっています。



もし後遺症を残して家族に迷惑をかけたら、という気持ちが優先するのかもしれません。



自分がそのような状況になったとしたら、寝たきりで何年も過ごしたいとは思わないでしょう。



高齢になれば十分生きたと考えることができれば、蘇生を拒否する人がいてもおかしくはありません。



蘇生を拒否する割合は、調査によると80%以上というデータもあるそうです。



最近は無理な延命措置を止めたいと考える人が増えているようで、自然に亡くなることを希望する方が増加しているのでしょう。



そのような場合は、必ず本人が書類に記載しておかなければ、救急車がきて心肺蘇生をされることになります。



もし自分が拒否したいという気持ちがあるなら、家族に伝えておく必要がありそうです。

http://www.monkeymoonblog.com/


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://otaru.areablog.jp/blog/1000272024/p11780979c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
今年の冬はどうやらエルニーニョ現象
災害時に覚えておきたいスマホの電力を長持ちさせるコツ
秋になるとニオイを感じる人が増える
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 1 47
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード