Office mac 2016を格安価格で購入すダウンロード·プロダクトキー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://otaru.areablog.jp/itmedia-pc

Office 2016 for Macの基本操作

Office 2016は、ワードプロセッサ、表計算、プレゼンテーション、電子メールやスケジュール、連絡先などの個人情報管理ソフト、メモなどの情報収集・管理ソフトを統合した製品で、さまざまな用途に合わせて洗練されたドキュメントを作成したり、多様な情報を管理することができます。
Office 2016について
 Office 2016では、ソフトの購入方法が大きく変更されています。Office 2011 まであったパッケージ版が廃止され、Office 365のサプスクリプションサーピスを契約するか、POSAカードを購入するようになりました※1.
 
※1 その他。オンラインショ"Jプでダウンロード版を購入することもできます。ダウンロード版の仕様はPOSAカードと同じです。
 Office 365とPOSAカードのいずれの場合も、製品自体はWebからダウンロードしてインストールする必要があります。
 Office 365には、個人向けと法人向け(学校等の教育機関も含む)のサービスがあります。それぞれのOffice 365とPOSAカードの違いを以下の表にまとめます。
 
※2  Office 365とWindows またはMac用のPOSAカードの場合は、WindowsとMacのどちらでも利用できます。Mac用およびWindows用のPOSAカードの場合は. MacとWindowsのどちらか一方だけで利用できます。
 Office 365はサブスクリプションサービスであり,月または年単位での契約が必要です。そして、Office365を契約している間だけOffice 2016を利用できます。また、新しいバージョンが登場した時に、最新バージョンにアップグレードすることが可能です。さらに、iPhoneやiPad、Androidスマートフォン/タブレット用のモバイル版Office を利用している場合は、モバイル版Officeの全機能を利用したり商用利用が可能になります。
 POSAカードの場合は、従来のパッケージ版と同様に製品の永続利用が可能ですが、Office 365のサービスは利用できません。
アカウントとグラウトサービス
 Office 2016では、インストールの最後に登録したアカウントを入力してサインインする必要があります。このアカウントは、Officeの購入方法によってOffice 365アカウント※3とMicrosoftアカウントの2種類を利用できます。また、アカウントには、それぞれオンラインストレージやメールなどのグラウトサービスが紐付いています。Office 365アカウントの場合はOneDrive for Business, Microsoftアカウントの場合はOneDriveをオンラインストレージとして利用できます※4.
※3 画面などでは、職場アカウントや学校アカウント、組織アカウントなどと表記されます。本書では、法人向けのOffice 365用のアカウントを「Office 365アカウント」と呼びます。
※4 1つのアカウントでOffice 365アカウントとMicrosoftアカウントの両方を兼ねることもできます。その場合、1つのアカウントでOneOriveとOneOrive for Businessの両方を利用できます。

 以下の表に、アカウントとオンラインストレージの関係をまとめます。
 
※5 2016年中に5GBに縮小される予定。
 Word, Excel, PowerPoint、およびOne Note ・・では、ローカルのMac上だけでなく、グラウト上のオンラインストレージをファイルの格納場所として選択することができます。仕事用とプライベート用など複数のアカウントを持っている場合は、そのアカウントを追加することによってオンラインストレージを追加することができます。アカウントやオンラインストレージの設定方法については、この章の13を参照してください。
※6 Mac版のonenote は、ローカルのMac上にノートを保存することができず、オンラインストレージにのみ保存可能です。

Office 2016の新機能/強化機能と変更点
 Office 2016 for Mac (以下Office2O16) は, Word2016 for Mac (以下Word 2016)ミExcel 2016 for Mac (以下Excel 2016).PowerPoint 2016 for Mac (以下PowerPoint 2016)、Outlook 2016 for Mac (以下Outlook 2016)、およぴOneNote for Mac(以下OneNote)の5つのOfficeアプリケーションから構成されており、プライベートからビジネスまで幅広いニーズに応えます。OneNoteは、○neNote for Macとして2014年3月から提供されていましたが、今回からofficeスイート製品に含まれることになりました。
 office 2016 for Macは、Windows版のoffice 2013相当の機能を持つだけでなく、Windows 版Officeとの高い互換性を備えており、レイアウトが崩れたりすることなくスムーズに作業を行うことができます。また、一部Windows版のOffice 2016で採用れている新機能も搭載iれています。
 Office 2016 は、office 2011 から多くの榎能や画面が変更されています。以下に主なものをまとめます。

●office全体の主な新機能/強化機能
- Retinaディスプレイへの対応
・Microsoftのグラウトサービス(Office 365 OneOiveなど)との連携
・操作アシスト
・マルチタッチジェスチヤ対応
・チーム作業機能(ファイルの共有)
・ショートカットキー(Windows版との共通化)
・よく使うファイルのピン留め
・スマート検索
・ファイルの互換性の向上
・斬しいフォントの搭載、既定のフォントの変更
●Office 全体の主な削除された機能・ツール
・Microsoft Messenger for Mac
・Microsoft Communicator for Mac
・Microsoft Remote Desktop Connection Client for Mac
・Microsoft Document Connection for Mao
・互換性のチェック
・クリップアート
・ツールバー
・スクラップブック

 office 2016では. Retinaディスプレイに対応したことで、テキストや画像がより鮮明に表示されるようになりました。既定のフォントも、MSゴシックおよぴMS明翻から遊明朝および遊ゴシックに変更されています。また、トラックパッドでのジェスチヤに対応し、画面の拡大/縮小やスクロールを行うことができます。シヨ−トカットキーもWindows版との共通化が図られ、ファイルを保存するためのCtrl+Sなど。Ctrlを使用するシヨ−トカットキーに対応し. WindowsからMac版に切り替えても違和感なく作業できます。

●Wordの主な新機能/強化機能
・スレッド形式のコメント
・閲覧の再開
・[ザイン]タプ
・ナビゲーシヨンウィンドウ

●Wordの主な削除された機能
・デザインモード表示
・ノートレイアウト表示

 コメントがスレッド形式に対応し、複数人での共同作業時に1つのコメント内で返信を繰り返すことで意見のやり取りができるようになりました。また、以前作業したことのある文書を開くと、前回の保存時に表示していたページを示し、クリックするだけで、そのページに移動することができます。デザインモード表示はなくなり. ノ- トレイアウト表示の役割はOneNoteに引き繼がれました。

●Excelの主な新機能/強化機能
・おすすめグラフ
・ピボトテーブルスライサー
・数式パレット
・分析ツール
・オートコンプリート

 おすすめグラフは. データを分析して遠切なグラフの種類を提示してくれる機能です。どの種類のグラフを作成すればわからない時に役立ちます。ピボットテーブルにスライサーが追加iれ、より簡単かつすばやく分析を行うことができます。また、ソ
ルバーとデータ分析ツールという2つの分析ツールアドインが標準で搭載されています。

●PowerPointの主な新機能/強化機能
・テーマのバリエーション
・閲覧の再開
・スレッド形式のコメント
・発表者ツール
・アニメーシヨンウィンドウ

 コメントがスレッド形式に対応し。複数人での共岡作業吟にIつのコメント内で返信を緯り返すことで意見のやり取りができるようになりました。また、以前作業したことのあるプレゼンテーションを開くと、前回の保存時に表示していたスライドを示し、クリックするだけで、そのスライドに移動することできます。テーマのバリエーションを指定することも可能になりました。

●Outlookの主な新機能/強化機能
・署名
・予定表への天気予報の表示
・新しい会議の日時を指定
・予定表を左右に並べる

 Exchange Online/Serverとの連携がより強化され、Office 365を利用している場合により便利に使うことができます。送られてきた会議出席依頼の日時の都合か悪い場合に、別の開催日時を提案することができます。予定表を左右に並べて見比べること
もできます。

●OneNoteの特徴
・あらゆる情報を収集・整理
・ブラウザでも利用可能
・モバイルデバイスとの連携

 Webページからファイル、画像、音声、動画など、あらゆる情報を取り込むことができtす。また、OneNoteを起動することなしに, Webブラウザでも、情報を取り込んだり編集することができます。スマートフォンやタブレットと連携し、いつでもどこでも情報の収まと利用が可能です。会議で挙がった課題や啼め切りが設定されている事項など、ノート内のメモをTo Doリストとして管理でまます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://otaru.areablog.jp/blog/1000219665/p11592588c.html
office mac | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

勉強になります

[ 匿名 ] 2017/06/03 22:35:34 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
Office 2016 Mac登場!Office 365ユーザは無料ダウンロード可能
Office 2016 for Mac 発売価格
MS Office Mac 2016で提供開始--Retina MacBookを完全サポート
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
office mac 2011
プロフィール
Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 1 301
コメント 0 3
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[明石・加古川・姫路] 【姫路市 整体・カイロ】…

おすすめリンク

キーワード